ノーマル航空券の違いはどこにあるのか

- ノーマル航空券の違いはどこにあるのか

ノーマル航空券の違いはどこにあるのか

最近は国内旅行もLCC(格安航空会社)などの参入もあり、競争が激化しています。人気の激安航空チケットですが、普通の航空チケットとどこが違うのでしょうか?激安航空チケットは安いだけと思っているかもしれませんが、そうでもないです。今回は【格安航空券とノーマル航空券の違いはどこにあるのか】についてまとめておきましょう。

割引率の違いがあります

安いことはいいのですが、それが利点でもあり欠点でもあることを覚えておきましょう。ノーマル航空チケットと激安航空チケットの大きな違いは、その割引率にあります。ノーマルチケットの場合は正規運賃です。割引があっても、1割か3割程度になります。ですが激安航空チケットの場合は閑散期になると割引率が50パーセントから70パーセントとなり、まさしく激安となります。こういった運賃に大きな相違点が特徴点になっています。

フライト中の機内サービスも違います

激安航空チケットを利用する場合は、できるだけコストを下げるために機内サービスも限定的です。航空会社によって違いますが、大部分のサービスは有料化されています。予約をする場合は、チェックしておきたい項目になります。

手荷物料金にも注意しておかないと逆に割高になってしまいます

機内に持ち込む手荷物だけならば、追加料金がかからないこともありますが、激安航空チケットの場合は、制約が厳しいです。少しでも重量オーバーになれば、追加料金をきっちりと請求されます。利用する場合は航空会社によって決められている荷物の重量をチェックしておき、できるだけ荷物を少なくするようにしておきましょう。特に女性は荷物が多めになります。場合によったら通常の航空チケットのほうが安くなる場合も珍しくありません。

手数料も違いますし予約変更条件も違います

ノーマルチケットと違って手数料が数百円から数千円発生する場合があります。運賃と手数料は別計算になりますので、思ってもみなかった料金が請求されることもあります。また、予約変更の対応も違います。一般的には予約の変更ができません。一度予約したら、あとはキャンセル対応しかしてくれません。

まとめ

今回は国内格安航空券とノーマルチケットの違いはどこにあるのかについてご紹介しました。必要に応じて使い分けることが大事ですね。キャンセルした場合の手数料はどちらも必要になりますが、そのパーセンテージも違います。安全性に関してはまず問題ないでしょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 格安航空券のアイベックスエアラインズでお得な旅行に出かけよう! All Rights Reserved.