国内旅行をする場合に格安航空券を利用するメリット面とデメリット面

- 国内旅行をする場合に格安航空券を利用するメリット面とデメリット面

国内旅行をする場合に格安航空券を利用するメリット面とデメリット面

高速道路網が整備されて日本国内の旅行はマイカーを利用することも多いですが、距離が長かったり北海道や沖縄とかになると、どうしても飛行機を利用するシーンが増えます。旅行先までの移動時間が短いのが大きいでしょう。そういった意味では飛行機は便利な交通手段です。この記事では【国内旅行をする場合に格安航空券を利用するメリット面とデメリット面】について解説します。

交通費をセーブできるメリットがあります

飛行機は一般的に運賃が高いです。激安チケットを利用できればお財布にも優しく使いやすいです。ノーマル運賃の半額以下で購入できる場合もあります。往復これを用意できれば、大幅に旅行代は安くなります。節約できた費用は、旅行の他の要素に使えるのでリッチな旅行ができます。

例えば、ホテルや旅館のグレードをワンランク上にしたりすると随分と旅行内容がリッチになります。お土産代に当て込めば、よろこばれるお土産になります。豪華な旅行になることは大きなメリットになります。

閑散期に利用すればさらに安く予約もしやすいです

飛行機を利用する時期によっても割引率が違ってきます。特に狙い目は閑散期。お客さまがあまり利用しない時期は航空会社も思い切ってディスカウントしてくれます。70パーセントオフなんて激安運賃もあります。これならば片道数千円とびっくりします。繁忙期はそれほど恩恵は感じませんが、閑散期に旅行できるならば、激安チケットは大きな武器になりそうです。

デメリットは予約が満席になりやすことです

激安料金を狙いたいのは誰もが考えることです。北海道や沖縄などや東京・大阪など人気の路線は発売と同時に満席になってしまうことも多いです。それを避けるには早めの予約が不可欠ですね。1か月前や2か月前などにはスケジュール・日程を確定して予約することが必須になります。

天候などによって欠航になっても保証がないのがデメリット

天候が良ければ問題ないですが、悪天候の場合はフライトキャンセルになります。その場合でも格安航空チケットは補償されません。欠航したら泣きを見ることになります。宿泊が必要になれば、それも自己負担。安く旅行したつもりでも運が悪ければ思わぬ出費になります。

翌日に振り替えされるとスケジュールも影響がありますから、こういったリスクを激安航空券の場合は覚悟しておかなければなりません。

まとめ

今回は【国内旅行をする場合に格安航空券を利用するメリット面とデメリット面についてご紹介しました。利用される場合は注意しておきましょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 格安航空券のアイベックスエアラインズでお得な旅行に出かけよう! All Rights Reserved.