格安航空券のアイベックスエアラインズでお得な旅行に出かけよう!

- アイベックスエアラインズの特徴

アイベックスエアラインズの特徴

日本国内の航空会社は規制緩和が進み、スカイマークやエア・ドゥーが有名です。その後設立された新興航空会社がアイベックスエアラインズです。設立したときに名前は「フェアリンク」でしたが途中で名前が変わりました。今回は【アイベックスエアラインズの特徴】についてお話します。

フェアリンクは地域航空会社でした

初代社長はスカイマーク社の初代社長、大河原順一氏でした。スカイマークとエア・ドゥーは格安運賃を目的に設立されました。しかし、フェアリンクは違っていました。

大型の航空機では採算が取れない地方路線に対して、小型ジェット機の導入を目指しました。それによってニーズを掘り起こそうとしたわけです。拠点としたのは東北地方の仙台。2000年に仙台から関西空港への就航を開始したのですが、当初から全日空の後押しがありました。

現在の社名に変わったのは2004年

仙台はもちろんハブ空港ですが、それに伊丹や成田をハブにしてきます。全日空の国際線の接続便のコードシェアとして、日本各地に路線を拡大してきて成長してきました。機材は大型ではなくて、50席から70席程度。ボンバルディアCR-Jの機材を導入しています。

格安運賃を目指していないのは全日空傘下であることでもご理解いただけるでしょう。
しかし、最近ではさすがにピーチアビエーションの割引サービス、ジェットスター・ジャパンの最低価格保証での予約、バニラエア予約などの格安料金での国内旅行が目立ちます。
競争意識も働いてきて、事前購入型の割引運賃で対抗しています。

IBEXの運賃と料金

普通運賃は大手航空会社と同じ水準になっています。割引運賃では45日前・28日前・7日前・3日前で設置しています。事前購入型の早割運賃の料金は大手よりも少し安いところで勝負しています。手荷物料金は20キログラムまで個数制限はありません。

総重量が100キログラム以内で、1個当たりの重量は32キログラム以内です。サイズも3辺の合計が203センチ以内となっており、大手航空会社と同等の水準で設定されています。ブランケット貸出も無料ですし、ドリンクサービスも全日空に準じており無料で提供しています。

航空券で注意したい手数料関係をみておきましょう

1番目は「払戻手数料」です。
1区間について420円で、すべての払戻に必要となる料金になっています。この払戻手数料以外には、取消手数料が必要になります。

2番目は「取消手数料」です。
一般的に言われるところのキャンセル料です。
片道ノーマル運賃は無料ですがIBEX45やIBEX28は運賃の50パーセントが取消手数料になります。

IBEX WEB7 1000円から4000円の取消手数料
IBEX WEB3 500円から2000円の取消手数料
IBEX WEB1 500円から2000円の取消手数料

3番目は「出発後の取消手数料」です。高くなるので、できるだけ出発前にキャンセルすることが大事。
片道ノーマル運賃の場合は、2000円から8000円の取消手数料。
IBEX45やIBEX28は運賃の50パーセントが取消手数料になります。
IBEX WEB7/WEB3/WEB1の場合は、2000円から8000円になります。

手荷物関係

1番目は「無料預け手荷物」……いわゆる受託手荷物です。
20キログラム以内で3辺の合計が203センチ以内までは無料ですから、格安航空会社よりも緩やかです。

2番目は「超過手荷物料金」です。
1キログラムから10キログラムまでの超過ならば2500円です。
これ以後、10キログラムごとに1000円がかかります。

3番目は「機内持ち込み手荷物」です。
3辺の合計が100センチ以内(45センチ・35センチ・20センチ以内)で重さが10キログラムを超えないもの1個が機内持ち込みできます。

いかがでしたでしょうか?

今回は国内航空券で注目のアイベックスエアラインズの特徴についてご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

新着情報

◆2017/10/17
アイベックスエアラインズの特徴の情報を更新しました。
◆2017/10/10
サイトマップを新規投稿しました。
◆2017/10/10
国内旅行をする場合に格安航空券を利用するメリット面とデメリット面を新規投稿しました。
◆2017/10/10
購入する場所はどこがあるのか?を新規投稿しました。
◆2017/10/10
ノーマル航空券の違いはどこにあるのかを新規投稿しました。
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 格安航空券のアイベックスエアラインズでお得な旅行に出かけよう! All Rights Reserved.